2008年10月13日

ジムIII

RGM-86R GMIII


地球連邦軍の主力MS。肩や腰にミサイルユニットを装備可能、支援用MSとしても運用される。相対的な性能低下に伴い、現在は後継機であるRGM-89ジェガンへの機種変換が随時進められている。
頭頂高:18.0m、本体重量:38.6t、ジェネレーター出力:1560kw、スラスター総推力:81200kg、装甲材質:ガンダリウム合金/チタン合金

posted by shinji at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | MS・兵器類

ジムII

RMS-179 [GM II]


一年戦争期に開発されたRGM-79ジムのマイナーチェンジ機種。

posted by shinji at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | MS・兵器類

シャクルズ

サブ・フライト・システム MSの長距離推進装置
posted by shinji at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | MS・兵器類

ジェガン

RGM-89


連邦軍主力MS。特務仕様機は末尾にS(スターク)がつく。

posted by shinji at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | MS・兵器類

サブ・フライト・システム

S・F・S


ホバー推進の地上用LCAC(エリキャック)や「ゲタ」と呼称されるものなど、MSを搭載し飛行する。MS補助航空機。


重力下で移動速度が極端に鈍るMSの機動力を補助する。劇中ではベースジャバーとも呼ばれる。

posted by shinji at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | MS・兵器類

ザクタンク

ガランシェールの救援に駆けつけた機体


キャタピラ式のタンク 大型戦車の砲塔部にザクの上半身を取り付けた代物

posted by shinji at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | MS・兵器類

ザク・マリナー

RMS-192M [ZAKU-MARINER]


ジオン軍の水中用ザクを連邦軍が改良し、さらにネオ・ジオン軍に接収されたという複雑な経緯を持つ水中用MS。背中に大型のハイドロ・ジェット・エンジンを装備。

posted by shinji at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | MS・兵器類

ザク・マシンガン改

アイザックが装備した実弾兵装
posted by shinji at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | MS・兵器類

ザク・キャノン

MS-06K [ZAKUCANNON]


一年戦争期に開発された[MS-06 ザクII]の派生機。


ランドセルに180mmキャノン砲と二連スモークディスチャージャー、腰部に「ビッグガン」と呼ばれる二連ロケット弾ポッドを装備している。当初は対空戦力と想定されていたが、中距離支援MSとしても活躍した。

posted by shinji at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | MS・兵器類

ザクI・スナイパータイプ

ザクIに大型のサブ・ジェネレータを搭載し、長射程ビーム砲の運用を可能とした機体。


狙撃任務用に頭部センサー類は高性能なものに換装されており、右膝には射撃姿勢を補正するギアを内蔵する。

頭頂高:17.5m、本体重量:67.9t、ジェネレーター出力:899kw(+700kw)、スラスター総推力:8400kg、装甲材質:超硬スチール合金

posted by shinji at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | MS・兵器類

ザク

ジオン公国軍の軍事用モビルスーツ(MS)。


「黒いユニコーン1」に登場するザクは、MS-05Lの型式で初期型。


背中に巨大なサブ・ジェネレータを背負い、そこからエネルギーが供給される長銃身のビームライフルを担う。大戦末期に少数生産されたスナイパータイプは「ザク1」「旧ザク」とも呼ばれる同機種の中では新しい部類に入る。

posted by shinji at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | MS・兵器類

ゲタ

MSの長距離進攻の際に用いるサブ・フライト・システムの俗称。


ベッドのような扁平な機体の上下にMSを載せ作成宙域に搬送する。

posted by shinji at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | MS・兵器類

クシャトリア

NZ-666 KSHATRIYA


ガランシェール配備、ネオ・ジオンが開発したサイコミュ搭載MS。バインダーとサイ コフレームの使用によりNZ-000「クイン・マンサ」と同等の火力を維持しつつ小型化している。

頭頂高22.3M、本体重量29.7t、バインダー4 基:22.32t、全装備重量74.02t、武装:胸部メガ粒子砲4門、バインダー部メガ粒子砲2門×4、ビームサーベル2本、ファンネル6×4

posted by shinji at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | MS・兵器類

ギラ・ドーガ

AMS-119 GEARA-DOGA


AE製MS シャアの反乱で使用された。

posted by shinji at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | MS・兵器類

ギラ・ズール

 AMS-129 GEARA-ZULU 新生ネオ・ジオン量産型機。

「AMS-119ギラ・ドーガ」に代わるネオ・ジオン軍の次期主力MSとして、アナハイム・エレクトロニクス社で開発が進められた。オーソドックスなジオン・スタイルでまとめ上げられているのは、総帥を失い求心力が低下した組織の士気を高めるためのシンボリック的な意味もあったようだ。

全高:20.0m/本体重量:21.8t/全備重量:55.2t/装甲材質:チタン合金セラミック複合材/センサー有効半径:18,200m/ジェネレーター出力:2,470t/スラスター総推進力:62,100kg 濃緑色のボディー。全体のシルエットは公国軍のザク・タイプを引き継ぐ。ガスマスクを思わせる口元が特徴的。

手首付近に袖飾りのようなマーキングが施され、色とデザインから所属部隊が分かる。隊長機を示す頭部のブレードアンテナをはじめ、ショルダーアーマーも所属や階級に応じて換装する自由度が設けられており、量産機らしからぬ個性が演出できる機体。

中でも親衛隊機は、両肩にスパイク・アーマー、背部に二基のブースト・ポッドを装備し、推進剤タンク兼スタビライザーは尻尾さながら後方に突き出す様は、悪魔のような印象を醸し出している。

特に隊長のアンジェロ機には、全身を紫を基調とする独特のカラーリングが施されている。
posted by shinji at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | MS・兵器類

強化人間

 軍事的に特化したニュータイプを、人工的に創り出す研究による所産。多くは年端もいかない戦災孤児が被験体となり倫理を無視した実験が繰り返されたという。

薬物投与、強迫観念による刷り込みと記憶操作、細胞レベルの組織変更を促す心肺機能の強化などが行われたが、薬漬けの廃人を生み出したにすぎなかった。結果、連邦・ジオン共に研究開発を中断して久しく、公式資料も残されていない。
posted by shinji at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | MS・兵器類

ガンキャノンDT(ディテクター)

MSA-005K [GUN CANNON DT]


MSA-005メタスを元に設計された地上用支援機。4.7メガワットのメガ粒子弾を速射できるビームキャノン砲を装備する。少数試作されたのみの実験機だが、砲戦仕様の光学センサーは性能がよく、基地の防空を賄う移動砲台としても機能する。

posted by shinji at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | MS・兵器類

ガンタンクII

首都防衛に当たったダカール警備隊連邦軍機体 戦車型の下半身に人型の上半身 両肩に120ミリ低反動キャノン砲を備える
posted by shinji at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | MS・兵器類

ガルダ

ガルダ


全長300M以上、全幅500M以上を誇る超大型輸送機。


ミノフスキー核融合路と熱核ジェット・エンジンを併用し、重量物の積載時と定期点検などを除けば着陸することなく成層圏付近を飛び続けることが可能。また、ロケットブースターを装着したシャトルを打ち上げる事も出来るため、実際には成層圏でのプラットホームとして運用されていた。

尚、MSを二機搭載できる中型シャトルは、右翼下につり下げられており、ブースターを含めた全長は50Mに達する。

このように宇宙往還機の離着陸から、MSの出撃・収容など半永久的に飛び続けながら運用できるガルダ級輸送機は「空中要塞」、有事即応のMS派遣システムとして、複数のガルダ級に地球の防空圏を6エリアに割り振り・・・



  • 第一エリア:アジア・西太平洋

  • 第二:欧州・北米

  • 第三:北米・東太平洋

  • 第四:豪州・南太平洋

  • 第五:アフリカ・インド洋

  • 第六:南米・南大西洋

・・・管理・巡回する防空構想(ガルダ構想)が存在した。しかし、予備機を含め機体の生産が追いつかず、防空システムの完成には至っていない。

尚、ガルダ級輸送機では[アウムドラ][スードリ][メロゥド]などが存在。

posted by shinji at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | MS・兵器類

ガルスK

AMX-101K [GALLUSS-K]


第一次ネオ・ジオン戦争時に、ネオ・ジオン軍が地上に投入した[AMX-101 GALLUSS-J] ガルスJの派生機。ミサイルポットを内蔵した肩が大きく張り出し、モノアイ式の扁平な頭部がボディにめり込んで見える。マニュピレーターを伸縮させるアームパンチ機構の他、ジャイアント・バズと呼ばれる無反動砲を標準装備、固定武装としてフィンガー・ミサイルを廃し、長砲身のビーム・キャノンを装備している。

posted by shinji at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | MS・兵器類