2008年10月13日

マハディー・ガーベイ

 ガーベイ・エンタープライズ社の会長 アブダビ王族に名を連ねるガーベイ家の家長。ドバイの遺産(王族達の隠し資産)を預かり運営してきた。ネオ・ジオンの支援者でもある。

[シャンブロ]の機長として、ガランシェール降下の一方を受け捜索にあたっていた。ジンネマンとは面識がある。

自称「ドバイの末裔」 複数の妻と多数の子を持つ一族の長 白髪交じりの口ひげをたくわえている。 連邦政府には百年の恨みを持っているらしい。

第一次ネオ・ジオン戦争の遺産を受け継ぎ、6年余りの間[シャンブロ]開発にあたる。[シャンブロ]一機の開発費で基幹産業の太陽光発電所が三つ造れるほど資金がかかったという。
posted by shinji at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 人物

マウリ

連邦軍参謀本部 中将 最高幕僚会議に名を連ねている。ローナンの知人。


リディの地球降下騒ぎの際に手を回した人物。将来の出馬のためローナンに恩を売る打算があったと思われる。

posted by shinji at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 人物

ボラード

ネェル・アーガマ ブリッジ要員 通信長
posted by shinji at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 人物

ホマレ

ネェル・アーガマ乗員 MSパイロット。リゼル四番機に搭乗。中尉。
posted by shinji at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 人物

ホズミ

 ガンキャノンDTのパイロット
posted by shinji at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 人物

ベントナ

オーガスタ研究所所長 猫背に禿頭 痩せぎすの体に白衣姿はマッド・サイエンティスト、中世の牢屋番のようだ
posted by shinji at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 人物

ベルトーチカ・イルマ

ルオ商会のステファニー専務に代わりブライトに調査結果を報告した女性。整った顔立ちに緑がかった瞳、ショートにまとめた金髪、コケティッシュな印象。「グリプス戦役」時に反地球連邦政府軍(エゥーゴ)の支援組織カラバの一員だった経歴がある。アムロ・レイの元カノ。

戦後、組織が連邦軍に吸収され自然消滅してゆく課程で、軍籍持ちは正規部隊へ復帰していったが、民間からの参加者の消息は不明な部分が多い。ベルトーチカの場合、「グリプス戦役」当時、カラバの最大のスポンサーであったルオ商会の会長令嬢ルオ・ステファニーとの個人的な面識から、フリーランスで仕事を請け負っているようだ。
posted by shinji at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 人物

ベルガミノ

戦時中、艦艇修理で財をなした一族。

修理業に用いられた鉱物資源の大半はペペが横流ししたものと言われている。サイド6に多数の浮きドックを擁し、連邦とジオンの双方を顧客にしていたベルガミノ造船の背景には、アステロイド・ベルト労組を自在に操れるペペの存在があった。戦後ベルガミノは隠遁。
posted by shinji at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 人物

ベッソン

ガランシェール船員
posted by shinji at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 人物

ペペ・メンゲナン

パラオの総督。浅黒い顔、脂肪を蓄えた巨体、トーガ風の衣装、成金趣味。ジオン信奉者。

先祖はアステロイド・ベルトの開拓に生涯を費やした。宇宙放射線病で早くに父を亡くし、母や兄弟達と貧困に窮したが、労働組合の代表に就任。劣悪な労働環境の改善に努める一方、デモやストライキを煽動し政財界に自分の存在をアピールすることに成功。

戦時中には艦艇修理で財をなしたベルガミノ一族と関係が深く、サイド6政府との腐れ縁もある。
posted by shinji at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 人物

フル・フロンタル

「シャアの再来」と呼ばれる謎の覆面男。赤いモビルスーツを駆り、その高いカリスマ性でネオ・ジオン残党を糾合する。宇宙世紀の根幹に関わる「秘密」を巡り、地球連邦軍と争奪戦を展開する。「丸裸」を意味する名前とは裏腹に、謎めいた言動でバナージ達を翻弄する。年齢不詳。大佐。
posted by shinji at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 人物

フラスト・スコール

ガランシェール操舵士。27歳 面倒見の良い兄貴分。隊ナンバー2
posted by shinji at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 人物

ブライト・ノア

UC0096時ロンド・ベル司令、大佐 妻(ミライ)と二児(ハサウェイ、チェーミン)の父親でもある。

1年戦争時[ホワイトベース]の若き艦長として活躍し、戦後英雄の一人として持ち上げられた。しかしニュータイプを危険視する連邦中央からは遠ざけられ、連絡船テンプテーション船長として過ごしていた。

グリプス戦役ではエウーゴに参加し「アーガマ」の艦長を務める。第一次ネオ・ジオン抗争では「ネェル・アーガマ」艦長として活躍、第二次ネオ・ジオン抗争では「ロンド・ベル」の旗艦ラー・カイラム艦長兼部隊司令として戦った。
posted by shinji at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 人物

フェドー

連邦海軍ダカール潜水隊 大尉 「ハープーン1」のコールサインを与えられたアクア・ジムに搭乗。一年戦争の昔から水陸両用機を扱ってきたパイロット。
posted by shinji at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 人物

フィー

ジンネマンの妻
posted by shinji at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 人物

ファビオ・バーチ

インダストリアル7、第3作業区の工場長。ミコットの父親。
posted by shinji at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 人物

ヒル

新生ネオ・ジオン レウルーラ艦長 大佐
posted by shinji at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 人物

バンクロフト

アナハイム・エレクトロニクス工業専門学校の教諭。歴史担当。
posted by shinji at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 人物

ハヤト・コバヤシ

一年戦争時はホワイトベースでMSパイロット。終戦後はフラウと結婚、WBに同乗していた子供達3人を養子として引き取る。戦争博物館の館長として勤めながら、裏では反ティターンズの組織であるカラバに参加していた。エゥーゴのジャブロー侵攻後、アウドムラの艦長となり指揮官として活躍した。第一次ネオ・ジオン抗争時に死亡。
posted by shinji at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 人物

バロウズ夫人

婦人後援会会長、B&D商会の社長夫人。マーセナス家のディナーパーティに出席した。
posted by shinji at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 人物