2008年10月13日

ガルダ

ガルダ


全長300M以上、全幅500M以上を誇る超大型輸送機。


ミノフスキー核融合路と熱核ジェット・エンジンを併用し、重量物の積載時と定期点検などを除けば着陸することなく成層圏付近を飛び続けることが可能。また、ロケットブースターを装着したシャトルを打ち上げる事も出来るため、実際には成層圏でのプラットホームとして運用されていた。

尚、MSを二機搭載できる中型シャトルは、右翼下につり下げられており、ブースターを含めた全長は50Mに達する。

このように宇宙往還機の離着陸から、MSの出撃・収容など半永久的に飛び続けながら運用できるガルダ級輸送機は「空中要塞」、有事即応のMS派遣システムとして、複数のガルダ級に地球の防空圏を6エリアに割り振り・・・



  • 第一エリア:アジア・西太平洋

  • 第二:欧州・北米

  • 第三:北米・東太平洋

  • 第四:豪州・南太平洋

  • 第五:アフリカ・インド洋

  • 第六:南米・南大西洋

・・・管理・巡回する防空構想(ガルダ構想)が存在した。しかし、予備機を含め機体の生産が追いつかず、防空システムの完成には至っていない。

尚、ガルダ級輸送機では[アウムドラ][スードリ][メロゥド]などが存在。

posted by shinji at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | MS・兵器類
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41230448

この記事へのトラックバック