2008年10月13日

ガルスK

AMX-101K [GALLUSS-K]


第一次ネオ・ジオン戦争時に、ネオ・ジオン軍が地上に投入した[AMX-101 GALLUSS-J] ガルスJの派生機。ミサイルポットを内蔵した肩が大きく張り出し、モノアイ式の扁平な頭部がボディにめり込んで見える。マニュピレーターを伸縮させるアームパンチ機構の他、ジャイアント・バズと呼ばれる無反動砲を標準装備、固定武装としてフィンガー・ミサイルを廃し、長砲身のビーム・キャノンを装備している。

posted by shinji at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | MS・兵器類
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41230447

この記事へのトラックバック